名前は「ぽこ」と申します。

皆様こんにちは(*^o^*)
今日もご訪問ありがとうございます♪


久々の更新となりました。

青森の自宅を長い事留守にしておりました。

仕事が終わって、私はすぐには青森に戻らず、大阪で学会があったダンナさんと大阪国際空港で合流し、久しぶりの大阪も満喫して来ました〜
image2.jpg

image3.jpg

IMG_0406.jpg

大阪は、地図が全く頭に入っていないので迷いますね(^^;)

Google先生にお世話になっていますが、
ワタクシ典型的な「地図の読めないオンナ」でして…(^^;)
地図自体をグルグル回しちゃうんですよね 

どこへ行くにも「野生の勘」だけが頼りざんす〜。(それで事足りる)



し・かし、どこにこんなに大きな胃袋があったのか?と思えるほど、
毎日パンパンに美味しいものを食べてきました。
帰ってからの体重の調整が大変です…(^^;)



青森に帰って来て、ビックリ()したことが 2つ ありました。


ひとつは、3軒となりの家が無くなっていた事です〜(・∀・)

ものすごく古いぼろぼろの家で、近所に住む同級生の話では
「あの家、子供の頃からあったよ」って事でしたので40年以上なのですが、
何せ空き家なので積雪で倒壊しないか、いつもゴミを捨てる時にビクビクしながら通っていました。

帰って来たらすっかり無くなり見通しが良くなっていて周りの雰囲気も変わっていて本当に驚きました。



そして、もう一つ、私自身、一番ビックリしたのが…。


運命的な出会いがありました


このこ
image1-2.jpg


我が家の一員になりました〜


大阪の帰り、空港から自宅へ帰る途中にペットショップに寄りました。

去年末あたりから、またチワワちゃんを我が家にお迎えしたいな〜とずっと本気で探していたのですが、
なかなか、ピンとくる子に出会えずにいました。

いずれにしても、今回の、私自身が10日ほど家を空ける予定の仕事&旅行の予定がかなり前から決まっていたので、
"とりあえず、この仕事が終わってから…"と思っていましたが、まさに終わって帰って来たその日に、運命の子に出会えたのです!

しかもビックリな事に、その日、店頭にデビューしたばかりだったそうです(笑)

IMG_0467.jpg


この子が ”我が家来る子” だったんだな〜っていうのは、見た瞬間わかりました。
(たぶん、この感覚を体験している方は多いんじゃないかと思います。
ペットだけでなく、ビビビ婚とかね 笑)


"魂レベル"で 心が震えたので、これはもう迷うことは無いと思いました。
もちろんマロンの時もそうでした



マロンが旅立ってから4月で5年になります。


小学生の頃から、ずーっとワンちゃんと過ごして来た私にとって、
この5年、年月だけみると少し長かったような気もしますが、
感覚的にはアッという間でした。

マロンもきっと喜んでくれている事と思います


名前は
「ぽこ」ちゃんです。男の子()でございます。

どうぞよろしくお願いします〜
image1-1.jpg


早くも、ものすごい ヤンチャぶりを発揮しています(^^;)
男の子〜って感じです!!(笑)


ワタクシも時差ぼけなのか?育児疲れなのか?(笑)
毎日振り回されておりますが、やっぱりいいですね♪
シアワセ〜(笑)



*****************

いつもご訪問ありがとうございます。
■本館はこちら
「tmk ニットルーム」藤田智子のニットルーム


■編み図専門ショップオープン

tmkニットルーム編み図専門ショップはこちら

strawberryblanket.jpg


kiwiblanket.jpg

taiyaki1.jpg


■NHK青森文化センター講座
「スタイリッシュニット」と「ニットdeフルーツ&スイーツ」の2講座開講中です!
どちらの講座でも、どちらの内容も受講出来ます。

例えば、「ニットdeフルーツ&スイーツ」講座でも、小物だけではなく、ウエアなど基本的な編み物の技法、製図の仕方、割り出し計算、海外編み図の翻訳の仕方もご希望に応じてお教えしております(^-^)


講座についてご質問がある方は私の方へ直接ご連絡いただいても構いません。
メールはブログのメールフォームからどうぞ〜。
引き続き、受講生を募集しております(^-^)一緒に編み物楽しみましょ〜♥







ショップからのお知らせです。

2017年2月15日〜2月20日まで、キットの発送、編み図の郵便発送をお休みいたします。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。
尚、pdfダウンロード編み図に関しましては通常通りご利用いただけます。


編み図専門ショップ→
キットショップ→

「プリミティブ(原始的な)スタイルのレイヤードトップ」(着画)

皆様こんにちは〜☆今日もご訪問ありがとうございます!!


ニット教室にはなるべくニットを着ていくようにしています。
昨日の夜講座で着用したのはこちら。
primitiv-new2.jpg


な、なんと、もう10も前の2007年の作品でした。
(たぶん一回位しか着用していないです)

タンスの中から出て来て、懐かしくて着てみたら結構良かった(笑)

もう1枚、重ねる編み地を替えて編んだものもあるんですよ。
それがこちら。
primitiv-new1.jpg


ただ布を巻いたり包んだりしていた頃(旧石器時代??)のような躍動感と力強さを感じる服(笑)
そのイメージから、「プリミティブ(原始的な)スタイルのレイヤードトップ」って作品名付けていたんだけど、

うん、やっぱりそんな感じ。

特に茶系の方は、まさに縄文人っぽく、
土や砂の中にいるようなホコリっぽさ、力強い大地の色をイメージして糸を選んだ記憶があります。

これ着て三内丸山遺跡(@青森市の縄文遺跡です)に行ったりしたら、
違和感無しで佇めますな(^^;)

このレイヤードトップの構造はこんな感じ。
半身の身頃を2枚重ねているのです。
primitive3.jpgprimitive2.jpg


丈を短くしたり、色を替えたり、モチーフを替えても楽しめそうですね♪
あぁ、また同じパターンで色々と作りたくなってきました★


2017年2月15日〜2月20日まで、キットの発送、編み図の郵便発送をお休みいたします。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。
尚、pdfダウンロード編み図に関しましては通常通りご利用いただけます。


編み図専門ショップ→
キットショップ→




*****************

いつもご訪問ありがとうございます。
■本館はこちら
「tmk ニットルーム」藤田智子のニットルーム


■編み図専門ショップオープン

tmkニットルーム編み図専門ショップはこちら

strawberryblanket.jpg


kiwiblanket.jpg

taiyaki1.jpg


■NHK青森文化センター講座
「スタイリッシュニット」と「ニットdeフルーツ&スイーツ」の2講座開講中です!
どちらの講座でも、どちらの内容も受講出来ます。

例えば、「ニットdeフルーツ&スイーツ」講座でも、小物だけではなく、ウエアなど基本的な編み物の技法、製図の仕方、割り出し計算、海外編み図の翻訳の仕方もご希望に応じてお教えしております(^-^)


講座についてご質問がある方は私の方へ直接ご連絡いただいても構いません。
メールはブログのメールフォームからどうぞ〜。
引き続き、受講生を募集しております(^-^)一緒に編み物楽しみましょ〜♥



苦手なアレを克服して(新刊本お知らせ)

皆様こんにちは(*^o^*)今日もご訪問ありがとうございます♪♪

私の作品が掲載されました新刊本が2冊発売になりました!
(もう店頭にも並んでいるようです♪)

1冊目はこちら
「カンタン!かぎ針編み 子供が喜ぶキッズバッグ」


こちらは表紙の作品も私のデザインのものです〜。
くぅぅ〜っ、モデルちゃんが可愛いすぎます〜(≧▽≦)

kidsbagcake3.jpg

この本はお子様用のバッグの作品をギューッと集めた、
とってもとっても可愛い一冊になっております


私がデザインしたものは

個人的にもイチオシ!!
「てんとうむしのバッグ」
「カメのバッグ」
なんと、本体編み図は同じ!!(笑)
kidsbagtentoumusi2.jpg

kidsbagtentoumusi1.jpg


「カップケーキのバッグ」
バッグの構造に工夫を凝らしましたよ(*^o^*)
トッピングのイチゴを上下することで、バッグが開閉いたします♪
kidsbagcake1.jpg

kidsbagcake2.jpg



「お魚のバッグ」
ウロコ編みを使ったバッグです。
しっぽやひれは、ネット編みで軽く♪
kidsbagfish2.jpg
kidsbagfish.jpg


以上3アイテム6点です♪


さてさて…

私、実は虫がとってもとっても苦手です…

子供の頃は、ジャポニカなどの虫が付いたノートや理科の教科書も触れなくて、手袋はいて教科書をめくるとか
割り箸でめくったりもしていました(^^;)
とにかく絵とか写真でも無理…なんです。


いつか、虫のデザインが来るのでは…とも思っていたのですが、ついに来ました(笑)
てんとうむし〜


嫌いなモノの知識は皆無で、てんとうむしが飛ぶって事もあまり良く分かっておりませんでした


今回の「てんとうむしバッグ」をデザインするにあたり、
"相手の事くらい、少し知っておかないと…"と思って、
昆虫図鑑的なものはちょっとハードル高かったので、

「テントウムシってどんな構造してるの?足は何本あるの?」とダンナさんに聞いた所、もう衝撃的事実〜

みなさんっ!!

テントウムシの斑点の羽部分って、真ん中からパカーッ!って開くって、ご存じでした??
(私はあの固そうな部分が開くって事も知らなかったのです)

その中から、薄い柔らかい羽が出て来て、飛ぶって、ご存じでした??
(羽がもう1枚出てくるなんて…

飛び終わったら、その柔らかい羽が綺麗に畳まれて収納されるって、ご存じでした??
(なんという機能性…)

テントウムシのお腹側って結構筋肉質っぽいって、ご存じでした??
(虫のお腹側はだいたいマッチョなんですってね…知りたくなかった…)

んもー

何から何まで衝撃的事実過ぎて、悲鳴あげながら構造について知ることになりました…。




編集担当者さんからは
「カメとテントウムシの本体編み図は同じでお願いしますね♪」との事で
「そ、そんな無茶な〜」って心の中で思いましたが(笑)
丸いポーチに点々を付けるだけの芸が無いデザインにしたく無かったのです。

なんと言っても
「羽がパカッと開く」所は表現しないとな〜と思って、羽を開く事で巾着ポーチが登場するデザインになりました。
(詳しい構造はご本を買ってね♥笑)

編集部でもとても好評だったそうで、

「カメとテントウムシの編み図を同じって結構無理な注文でしたが、藤田先生なら一体どういうデザインにしてくれるんだろうって密かに期待してました!」との事でした(^^;)(ありがとうございます!!)

そんな訳で、嫌いな虫も作品となると愛着が湧きます。

我が家のトシオにも作ってあげました〜!!(作品は返却されないので改めて製作しました→かなり気に入った証拠です(^^;))

tentoumusitosio.jpg

バッグの前に、服を編んで着せてあげた方が良いかも…


以上、1冊目の「カンタン!かぎ針編み 子供が喜ぶキッズバッグ」のご紹介でした。



続きましてはこちら

「カンタン!かぎ針編み 大好き! ネコこもの」


大ブームのネコグッズを集めた一冊でございます〜ニャー

私がデザイン&製作を担当したのは

「猫足ルームシューズ」

nekorooms2.jpg

nekorooms1.jpg

見ているだけで、 ユルユル になってしまう♥癒し系ルームシューズです。


「ネコポーチ」
ファスナー付きの眠りネコをイメージしたポーチです。
nekoporch2.jpg

nekoporch1.jpg

ぺたんこの形なのですが、収納力が結構ありますよ。バッグの中にしのばせて、時々眺めて癒されてくださいね♪


「ネコのキーカバー」
nekokey2.jpg
nekokey1.jpg

鍵のカバーです

バッグの中からも見つけやすくなるかも??

茶虎とか三毛猫とか、お好きな色で編んでくださいね♪


以上の3アイテムを担当させていただきました。


お気に入りがみつかりますように〜。



*****************

いつもご訪問ありがとうございます。
■本館はこちら
「tmk ニットルーム」藤田智子のニットルーム


■編み図専門ショップオープン

tmkニットルーム編み図専門ショップはこちら

strawberryblanket.jpg


kiwiblanket.jpg

taiyaki1.jpg


■NHK青森文化センター講座
「スタイリッシュニット」と「ニットdeフルーツ&スイーツ」の2講座開講中です!
どちらの講座でも、どちらの内容も受講出来ます。

例えば、「ニットdeフルーツ&スイーツ」講座でも、小物だけではなく、ウエアなど基本的な編み物の技法、製図の仕方、割り出し計算、海外編み図の翻訳の仕方もご希望に応じてお教えしております(^-^)


講座についてご質問がある方は私の方へ直接ご連絡いただいても構いません。
メールはブログのメールフォームからどうぞ〜。
引き続き、受講生を募集しております(^-^)一緒に編み物楽しみましょ〜♥




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ともこ

  • Author:ともこ
  • tmkニットルームへようこそ
    青森市に住むニットクリエーターのともこです。
    tmkニットルームの管理人です。

    NHK青森文化センターなどで編み物教室、イベント出展、
    編み物専門誌などで、作品のデザイン&製作などしております。
    著作本に『毛糸のティータイム』『しあわせのニットタイム』(ともに白夜書房)
最近の記事
最近のコメント
カウンター
現在の閲覧者数:
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード