撮影秘話~おにぎりポーチ編~

撮影秘話も9回目になりました。本日は「おにぎりポーチ」をご紹介しますー。%82%A8%82%C9%82%AC%82%E8

この作品、展示会などでは大人気です(*^m^)
中の具を見てくださった方は「キャー(≧▽≦)」と言いながら喜んでくださいます。
今までのおにぎりは実用的な物ではなく、ただの「ディスプレイおにぎり」だったのですが、本掲載にあたり、バネポーチにアレンジしてみました。

ただ、「おにぎり」を掲載する事に決まって一つ心配だったのが、おにぎりの存在自体が「和風」そのものだったことです。
本の路線は和風じゃなかったので、この作品は浮いてしまうのでは?という心配がありました。
(そういう意味ではトウモロコシ、また後に出てくるスルメ、カボチャも同様の思いがありました)
しかーーし、絵コンテの段階でそんな心配はどこかに吹っ飛んでしまいました♪
私は「お母さんのおにぎりといえば、遠足のおにぎりが一番大好きだった」という話をチラッと三牧さんにお話したのですが、その想い出をデザインに生かしてくださり、「ピクニック風」の設定になりました。
楽しいピクニックの様子が目に浮かぶようなショットですよね♪

ところで…12ページのランチョンマットの柄!
まさかこの柄をセレクトしてくださるとは!!これがおにぎりに使われると知ったときはまさに衝撃でした(笑)
撮影スタジオに入って、まずはスタイリストさんがご用意してくださったアイテムの数々を拝見するのがなによりの楽しみなのですが、「この柄のペーパーは一体何に使うのか?」とずっと謎だったのです(笑)
素人じゃ絶対に選べない柄ですよね(≧▽≦)
そしてこの個性的マットにひょうたんのような優しいフォルムのお皿。この組み合わせが絶妙なバランスを醸し出しております(*^m^)

また13ページで使われている、あえてカジュアルなプラスティックのお箸や箸置き、これも絵コンテの段階から素材はプラスティックで…など、しっかり計算されて用意されたグッズなのでした♪

この頃になると安藤さんが「腰が痛い」と腰痛を訴えていらっしゃいました。
色んな角度から色んな体制で撮影されていたからだと思いますが、カメラさんがダウンしたら大変!!って事で、わたしゃー内心すごくドキドキしておりました…。
次の日には念のため「湿布」を用意して行きました。

以上、おにぎりの撮影秘話でございました~(^-^ )

↓どのアイテムがどの作品に使われるのだろう♪と物色中!

hiwa4.jpg


hiwa3.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ともこ

  • Author:ともこ
  • tmkニットルームへようこそ
    青森市に住むニットクリエーターのともこです。
    tmkニットルームの管理人です。

    NHK青森文化センターなどで編み物教室、イベント出展、
    編み物専門誌などで、作品のデザイン&製作などしております。
    著作本に『毛糸のティータイム』『しあわせのニットタイム』(ともに白夜書房)
最近の記事
最近のコメント
カウンター
現在の閲覧者数:
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード