編み機

今日はお盆休みで帰省している友達のお宅へお邪魔しました。
遊びに行くついでに、その方のお母様が昔使っていた編み機が動くように修理(…という程でないのですが…)して欲しいというご依頼もあって行ってきました。
編み機の修理は専門では無いので、正直動くようになるのか、また、どれくらい古い編み機なのかわからなかったのですごく不安だったのですが、念のため…と思って針押さえのスポンジの替えを持って行きました。
持って行って正解!
スポンジを取り替えて油を差しただけでスイスイ編める編み機に復活しました~(笑)
お友達だけでなく、彼女のご両親やお子様達が見守る中での編み機のメンテナンス…
何だか緊張しました(* ̄m ̄)
お昼までごちそうになりましてありがとうございました。

「針押さえのスポンジ」は、編み機を使っている使っていないに関わらず、定期的に交換した方が良いと先生に教えていただきました。
なので、私は年に一回の割合で取り替えています。
レース編みなどキャリッジが上手く動かなくなったとき等は針押さえの消耗が考えられます。スポンジがペタンコになっていたらすぐに替えた方が良いみたいですよ!

復活した編み機で素敵なニットを作ってくださいね(*^m^)
(ちなみに編み機はブラザーのパリエシリーズでした。)

********************************
本館はこちら
「tmk ニットルーム」

********************************

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ともこ

  • Author:ともこ
  • tmkニットルームへようこそ
    青森市に住むニットクリエーターのともこです。
    tmkニットルームの管理人です。

    NHK青森文化センターなどで編み物教室、イベント出展、
    編み物専門誌などで、作品のデザイン&製作などしております。
    著作本に『毛糸のティータイム』『しあわせのニットタイム』(ともに白夜書房)
最近の記事
最近のコメント
カウンター
現在の閲覧者数:
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード