中国から届いた手編みの本!!

先日行われたデザフェス出品の為、私は11月25日、東京行きの新幹線に乗車していました。
デザフェス出品の為の作品作りに追われ、講座の宿題を全然やっていなかった私は、もちろん席に着くと同時に編物をせっせとはじめていました。
その時、なにやら斜め後ろの席からつよーい視線を感じる…(笑)
後ろを振り返ると何度もその席に座る「おじさま」と目が合います。
きっと編物しているから目立っているのかも…でもっ、そんなことお構いなしよ!宿題宿題♪

そうこうしているうちに「次は仙台駅~」のアナウンス。
仙台では乗客も多くなるだろうし、隣の空席にも人がやってくるかもしれない。という事で私はあわてて散らかしていた毛糸をまとめはじめました。
バタバタしていると、突然私の膝の上にメモ紙が…(驚!!)
置いた主はあの斜め後ろのおじさまです。
そのメモには名刺が添えられて、とても丁寧な日本語でこのように書かれておりました。

「お邪魔いたします。中国の手編み本を送ってもよろしいですか? 孫○○」

孫さんはきっと私が仙台で降りてしまうと思いメモをとっさにくださったのでしょう。
お互い行き先は東京という事がわかったので、私は少しの間孫さんのお話を伺おうと席を移動しました。
するとやはり編物していたので目についたらしく
「あなたのようにお若い方が、熱心に編物をなさっているので驚きました。私は中国と日本を仕事で何度も行き来していますが日本の若い方が編物をしている姿をはじめて見たのです。中国の年配の女性はとても編物が上手ですよ。もし良かったら中国の編物本をあなたに送ります。あなたのお役に立てると思いますよ」とおっしゃって下さったのです。

その後私も名刺を渡し、上海で本が手に入ったらメールを下さるというお約束で東京駅で別れました。

私は今もこの日の事を思い出すと、不思議な気持ちになります。
またまた編物がつないだご縁、どんなに気持ちがあっても実際に声をかけてくださる方は本当に少ないと思います。
またこの不思議なご縁はまだ続き、後日、私が新橋を歩いている所を孫さんが見かけ、声をかけてくださったらしいのです。しかし私は「この東京で私を呼ぶ人がいるはずはない」と思いこんでいたので全く気が付かなかったのですが…
でも、確かにその日私は新橋をブラブラしておりました(笑)
そしてあとから知った事なのですが、孫さんは中国の某大会社のとても偉い方だったのです!
なんのジャンルの会社か言うと一発でわかってしまうので避けますが、私は一生出会えるはずの無いくらいの偉い方だったのです!
どうりで~!!本当にお優しく紳士的で、頑張る人に何かしてあげたい!というお気持ちがすごく伝わってくる方なんですよ!

さて、その中国からの編物本。本日無事に私の所へ到着しました!
本の中には中国らしいデザインの作品だったり、編み図記号の中国語表記だったり、
私の興味をそそるものがたくさん詰め込まれていました。
また、本当にビックリなのですが、コレ見たことあるっ!って作品が…(苦笑)
日本の某編物雑誌で確認したらやっぱりそうでした~(大汗)
こんな発見…色んな意味でかなりドキドキですが、私は純粋にこの編物本を楽しんでおります…(笑)

この本は今後の私の編み物人生にとても大きな影響を与えてくれるはずです。
国境を越えて、年代、性別を越えて編物のお話しが出来きた事もとても嬉しく思いました。
孫さんにあの時声をかけていただかなければ、また孫さんのこのようなご好意がなければ、もしかしたら私は一生手にすることが出来ない中国からの編み物本です。
私の大好きな編み物、毛糸がまたまた何かをつないでくれたような、そんな感じがしました。

孫さんは本当にお忙しい方なのに、私の為に他にも本を希望すれば送って下さるとおっしゃっているのです。
ご厚意に甘えてしまおうかしら~。
はじめて中国の本を手にしてもっと色々と見たい!!という衝動にかられています!

(マックの調子が治りましたら後日編物本の表紙の写真だけでもアップしたいと思っていまーす。)


コメントの投稿

非公開コメント

☆お誘いです☆

突然のコメント失礼します。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】の「日記」カテゴリにも登録して、
もっと多くの人に読んでもらいませんか?
上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆

コメントをどうぞ

わお☆

すごいかも~~~
そんなステキな出会いがあるなんて。。。
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
中国の編み図ってどんなんだろう。。。記号は一緒なのかなぁ?漢字ばっかり?
o(^^o)(o^^)oワクワク
確かに、新幹線の中で編み物している人はあんまり見かけないかもしれないよね~(笑)昔は病院の待合室なんかで編んでいる人って見かけたんだけど、最近はどうなんでしょう?(最近病院に行ってないからわからないわ。。。)

>みいさん
そうなのよぉ~。今回送られてきたのは小物の本で、編み図は一緒です。
だけどたとえば「表目」は「下針」 、「裏目」は「上針」という表記です~。
その他の文字は全部漢字だよぉ(笑)
今日も孫さんからメールをいただいたので、今度はセーターの本を頼んでしまいましたー。
また何か届いたら紹介しますね!
私も病院は最近行っていないから(笑)待ち時間に編物している人は見かけないけど…どうなんだろうね~(笑)

例の!!

とうとう届きましたか~!!
ひゃー、私まで興奮してしまうわっっ。
しかも紳士は有名な方だったのですね!!
ホント、人生にはどんな偶然があるかわからないですね~。

しかし…「新手のナンパ?」と言っていた自分が恥ずかし~い。
いやーん(笑)

(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
素敵ングな紳士だったのねん^^
どんな表紙なんだろう((o(*^ー^*)o))
れもしゃんの新手のナンパにツボだす(* ̄m ̄)うぷぷっ

>れもさん
レスが遅くなってごめんなさいねー。
届きましたー、あの時の!!(笑)
紳士はとても有名な会社の偉い方のようですぅ~。
また日中友好のためにいろいろなボランティアをされている方で、
私のグループ(編物関係)の方にもお役に立てれば…ということで本を贈ってくださったようです。
こんどいつかれもさんにもお見せしたいと思いますー。

>ゆぅちゃん
私も正直メモを見たときにはびっくりして、その手紙をデザフェスの時にれもさんにも見ていただいたんですよー。
本当に送られてくるとは思わなかったのでとっても嬉しかったですー。
今度は手編みのセーターの本をちゃっかりお願いしちゃいましたー(笑)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ともこ

  • Author:ともこ
  • tmkニットルームへようこそ
    青森市に住むニットクリエーターのともこです。
    tmkニットルームの管理人です。

    NHK青森文化センターなどで編み物教室、イベント出展、
    編み物専門誌などで、作品のデザイン&製作などしております。
    著作本に『毛糸のティータイム』『しあわせのニットタイム』(ともに白夜書房)
最近の記事
最近のコメント
カウンター
現在の閲覧者数:
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード