かわいいマロンちゃん。

今日から4月ですね。

4/1はエイプリールフール。

こらからお話する内容も、嘘だったら良いのにな~と思いながら…。
でも、残念ながら現実の事。


我が家で愛される為だけにこの世に命を授かった、可愛い可愛いマロンちゃん。
実は昨年の秋から
「悪性リンパ腫」
という病気に冒されています。


昨年の夏の終わり頃、暑さにやられたのか、なんとなく元気が無くて、下痢が続くようになりました。

いつもお世話になっている近所の病院でも、ありとあらゆる検査をしましたが、すべて異常なし。
それでも下痢が止まらず、一ヶ月近く病院へ通う日々が続きました。

どうもおかしい…。

私達は、十和田市にあります「北里大学獣医学部付属病院」へ行くことにしました。

私の自宅から、車で1時間30分くらいの所にあります。


そこで、その日のうちに「悪性リンパ腫」であることがわかりました。

このままだったら、あと1ヶ月は持たなかったと説明を受けました。
ステージ5で、すでに全身に広がっていました。
リンパ腫は治ることは無いとも説明を受けました。

私は病室で泣き崩れてしまい、現実を受け止める事が出来ませんでした。




それから半年間、毎週、一度も休むこと無く通って闘病しています。

やはり高度医療が受けられる施設だけあって、優秀な先生と高度な医療技術、最新医療機器のお陰で、
一ヶ月という余命宣告から、6ヶ月以上も頑張ってくれています。


リンパ腫の子の為に、様々なプロトコルが用意されており、
マロンも、これまで、いろんな段階を踏んで抗がん治療を受けて来ました。

お薬が効いている間は「本当に病気なのかな?」と思うほど、とてもとても元気になります。

抗がん剤と聞くと、どれだけの副作用で苦しむのか…と思いますが、
わんこちゃんの場合は、目に見えて副作用が出る事が無いようで、
マロンも、毛が抜ける訳でも無く、食欲もあり、元気で普通の生活が送れて、本当に病気ということを忘れる位の時もありました。


それでも、今週に入って、一番効果があるという抗がん剤も効かなくなってきて、
肝臓機能が落ちてきたり、血小板、白血球の減少など、深刻な状況になってきました。
新しいレスキュープロトコルを受けましたが、また同じような下痢、食欲不振の症状が出るようになりました。

先生にも「間違い無く、最期が近づいて来ている」という説明を受けました。


私達家族は毎日毎日、祈り続けています。
そして、毎日毎日、マロンに感謝しています。
頑張ってくれてありがとう。

今、とても不安です。

元気の無いマロンを見ているのが、かわいそうで、悲しくて、つい泣いてしまうのですが、
マロンは私を悲しませたいとはこれっぽっちも思っていないはず。。。

そう考えては気を立て直し、何とかギリギリの所で、とても張りつめた状況で出来る事は何か模索しながら頑張っています。

今、マロンは生きている。
こんなにも痩せて小さな体になっているのに、生きようという力を見せてくれて、
大きくて可愛いおめめで私を見つめてくれます。

だから毎日毎日、そのことに感謝して、一日一日を大切に過ごしています。

こんなにも、時間を大切に生きたこと、私は今まで無かったかもしれません。

マロンちゃん、本当にありがとう。。。




とても悲しいご報告でごめんなさい。


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>コメントくださった皆様へ

マロンちゃんの為に、本当に温かいメッセージをくださって
ありがとうございました。
そして、私の体調の事もお気遣い頂きまして、本当に本当にありがとうございます。

こうして、皆さんにかわいがられて、マロンもたくさんのパワーを頂いております。

このところ、一週間に1度のペースでは間に合わなくなり、
病院へ急遽駆けつけるという状況が続いていました。
そのたびに、不安になり、私からはすっかり笑顔が消えていたように思います。
私の笑顔がマロンの安心感につながるという事を思い知らされました。

私にもまだ出来る事があるんだ!!と皆さんのメッセージで改めて感じております。

勇気とパワーをありがとうございます!!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ともこ

  • Author:ともこ
  • tmkニットルームへようこそ
    青森市に住むニットクリエーターのともこです。
    tmkニットルームの管理人です。

    NHK青森文化センターなどで編み物教室、イベント出展、
    編み物専門誌などで、作品のデザイン&製作などしております。
    著作本に『毛糸のティータイム』『しあわせのニットタイム』(ともに白夜書房)
最近の記事
最近のコメント
カウンター
現在の閲覧者数:
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード